2012年04月23日

測定レポート2012年3月

測定レポート2012年3月

依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

3月は、生産者グループから、使用する有機資材についての測定を依頼されました。
このうち1検体からは放射性セシウム137で12.2Bq/kg(±0.58)が測定されました。また、放射性セシウム134については、定量下限未満でしたが、検出限界は超えており、東京電力福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質とみられるものがありました。

番号 品目      産地   容量    Cs137   不確かさ(±)  Cs134  不確かさ(±)
01 有機資材(固形) 愛知県 330ml   ND(20.7)  −      ND(31)    −
02 有機資材(固形) 外国産 330ml   ND(25.3)  −      ND(38)    −
03 有機資材(固形) 茨城県 1000ml   12.2    ±0.58    ND(6.5)     −
04 有機資材(液体) 静岡県 330ml   ND(10.9)  −      ND(16.3)   −
05 有機資材(固形) 愛知県 330ml   ND(17.2)  −      ND(25.8)   −
06 有機資材(固形) 静岡県 330ml   ND(17.1)  −      ND(25.6)   −
07 有機資材(液体) 長野県 330ml   ND(14.4)  −      ND(21.6)   −
08 有機資材(液体) 静岡県 330ml   ND(12.5)  −      ND(18.8)   −
09 有機資材(固形) 宮崎県 330ml   ND(10.9)  −      ND(16.4)   −
10 有機資材(液体) 静岡県 330ml   ND(11.4)  −      ND(17.2)   −
11 有機資材(固形) 京都府 330ml   ND(12.8)  −      ND(19.2)   −
12 加工食品(魚卵) 北海道 1000ml   ND( 2.8)  −      ND( 4.2)   −
13 有機資材(固形) 愛知県 330ml   ND(18.6)  −      ND(27.9)   −

2012年3月までは、ND(不検出)を定量下限未満で示しています。2012年4月からは、測定用ソフトウエアが変更され、新たに測定下限が設定されました。バックグラウンドの放射線量、測定時間、測定検体の量、密度によって変動はこれまで通りにありますが、より精度の高い(下限が低い)測定が可能になります。
検出限界、定量下限、測定下限については、http://sokuteinet.sblo.jp/article/55146576.html をご覧ください。

また、放射性セシウム合計値についても4月以降合算値ではなく不確かさを織り込んだ測定値を出すことになります。
詳しくは、http://sokuteinet.sblo.jp/article/55146570.html をご覧ください。
posted by 事務局 at 14:45| 測定レポート