2012年12月30日

測定ネットレポートNo6 2012年6月〜12月までの測定報告(その1 食品編)

測定ネットレポートNo6

2012年6月〜12月までの測定報告(その1 食品編)

 依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

測定ネットは一般食品・土壌・水等の測定も承っています。
まだ測定に余力がありますので遠慮なくご相談ください。
測定についての案内はこちらから。
http://sokuteinet.sblo.jp/category/1310239-1.html

品目       産地   容量(ml) 重量(g) 時間(秒) Cs137(Bq/kg) Cs134(Bq/kg)

牡蠣       宮城県  500ml   587.3  1800   ND(2.698)   ND(2.954)

なす(可食部)  茨城県  350ml   193.7 7200   ND(3.550)    ND(4.029)
まくわうり    茨城県  1000ml   969.9  7200   ND(0.683)     1.15±0.869(0.815)

空心菜      東京都  1000ml   886   14400  1.32±0.558(0.524) 2.11±0.669(0.623)

じゃがいも   茨城県   1000ml   791.3  3600   ND(0.841)     ND(1.001)

じゃがいも   秋田県   1000ml   963   7200   ND(0.689)     ND(0.817)

じゃがいも   東京都   1000ml   936.1  7200   ND(0.712)     2.00±0.895(0.843)

にんじん    茨城県   1000ml   583.9  7200   ND(1.631)     2.37±1.246(1.942)

あんず     長野県   1000ml   646.1  7200   ND(1.077)     ND(1.303)

ブルーベリー  不明    500ml    385   7200   4.77±1.731(1.984) 2.56±1.818(2.163)

洋梨(非可食部)長野県   1500ml   850.8  7200   ND(1.041)     ND(1.208)
洋梨(可食部分)長野県   1500ml   1495.5  7200   ND(0.592)     ND(0.687)

生落花生(殻付)千葉県   1500ml   445.2  7200   3.91±0.740(1.999) 5.24±0.870(2.329)
生落花生(中身)千葉県   350ml    189.3  7200   4.42±2.191(3.626) 1.93±2.414(4.135)

大豆2011年産  茨城県   1500ml    990   7200   26.23±1.208(0.899) 19.49±1.173(1.047)

大豆2011年産  秋田県   1500ml   1053.5  7200   ND(0.800)     ND(0.931)
大豆2012年産  秋田県   1000ml   806.1   7200   ND(0.823)    ND(0.976)
黒豆2012年産  秋田県   1000ml   801.3   7200   ND(0.828)    ND(0.982)
玄米      秋田県   1500ml   1338.6  7200   ND(0.661)     ND(0.772)
玄米      秋田県   1500ml   1340.3  7200   ND(0.660)     ND(0.771)
玄米      秋田県   1500ml   1340.2  7200   ND(0.661)     ND(0.767)
玄米      秋田県   1500ml   1362.7  7200   ND(0.649)     ND(0.759)
茶2011年産   静岡県   350ml    156.1  7200   365.14±9.678(7.954)   206.48±8.169(8.658)

茶2010年産   熊本県   350ml    167.3  7200   ND(7.422)     ND(8.078)

レモングラス  神奈川   500ml   74.7   14400   8.30±1.346(7.228)   10.37±1.472(7.848)
レモングラス茶 神奈川   1500ml   1500   7200   ND(0.593)     ND(0.691)
ローズマリー  神奈川   500ml    167   14400   7.29±1.359(3.236)    5.54±1.431(3.508)

干椎茸(不出荷)茨城県   350ml    50.1   7200   668.54±12.586(24.783)    425.71±10.823(26.975)

干し柿     長野県   500ml    572.2   7200   ND(1.34)     ND(1.465)

梅シロップ   神奈川   500ml    582.4   7200   ND(3.907)     ND(4.264)
梅(ガラ)   神奈川   500ml    410    7200   ND(1.863)      ND(2.031)
赤ジソシロップ 神奈川   500ml    604.3   7200   ND(1.264)     ND(1.378)

赤シソ梅酢漬け 東京都   500ml    591.3   7200   ND(1.3)      ND(1.416)


解説 自家測定と依頼測定によって測定時間やバックグラウンドなどが異なるため、測定下限値が違ってきますが、測定場所はすべて同じです。
測定結果で、セシウム137がND、セシウム134が測定下限値を超えているものがあります。数回測定しても、このような結果になることがあります。
カリウム40が高い場合などで測定誤差が大きくなったり、誤検出を生みやすくなります。いずれも自主測定のものです。時にこのような結果があることをお伝えしておきます。同様に、いくつか、セシウム134が大きくなる結果が見えます。しかし、2桁(10Bq/kg)以上の検出がある場合、セシウム137、134のバランスは、東京電力福島第一原子力発電所事故後のセシウム134の半減期により、減少率が高いため、測定時期ごとに同じような傾向(比率)になります。
測定結果をごらんの通り、バックグラウンド、測定時間、量が揃えば、装置としては1Bq/kg未満の結果を出すことは可能です。
しかし、測定をしている側からすると、NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータの場合、スペクトルの一定の範囲を使用して検出結果を分析するため、ゲルマニウム半導体検出器に比べると、1Bq/kgといった厳密な測定は信頼性の面で「絶対」を言えないと思います。
依頼測定の場合、希望に応じて測定下限値を1Bq/kgより下回るように、バックグラウンド、測定時間、量や密度を整え、可能な限り丁寧に測定しています。
その上で、このような説明をして、厳密さを求めるならばゲルマニウム半導体検出器での測定をおすすめしています。
posted by 事務局 at 21:06| 測定レポート