2012年12月30日

測定ネットレポートNo9 冬の定番、みかんを測ってみました。

測定ネットレポートNo9

 依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

測定ネットは一般食品・土壌・水等の測定も承っています。
まだ測定に余力がありますので遠慮なくご相談ください。
測定についての案内はこちらから。
http://sokuteinet.sblo.jp/category/1310239-1.html


冬の定番、みかんを測ってみました。

いずれも、900ml容器500ml入り設定で、みかんの外皮をむき、内皮つきのままプロセッサーでくだいたもの(液体状)を、500g入れて同一条件で測定したものです。
バックグラウンドは通常より長く16時間(57600秒)取得、測定時間も2時間と4時間の2回を行いました。ここでは、4時間(14400秒)の結果を掲載しています。
最初に、依頼の神奈川1、2を測定。こちらは、神奈川県西部と東部産でした。
ほぼ同じ結果が出たため、念のため、水を入れた同容器で測定し、装置にコンタミ(汚染)がないことを再確認し、さらに、手元にあった静岡県中部産のみかんを同条件で測定しました。
結果は以下の通り、神奈川産からは、放射性セシウムが134、137合計で5Bq/kg弱測定されました。

産地    Cs合計          Cs137           Cs134
神奈川1  4.47±1.809(2.244)  2.74±1.232(1.071)  1.73±1.324(1.173)
神奈川2  4.93±1.810(2.244)  3.08±1.235(1.071)  1.85±1.323(1.173)
静岡県1   −   (2.244)     −   (1.071)    − (1.173)
(Bq/kg ()内は測定下限値)

もちろん、厚生労働省が定める100Bq/kgの規制値やスクリーニングレベルとされる50Bq/kgを大きく下回る数値であり、一般的に「不検出」とされるレベルです。
本測定装置(NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ)の測定及び分析可能な限界に近い測定を行いました。放射性セシウム134、137それぞれに測定下限値2Bq/kg未満での結果となっています。

本測定装置は、厚生労働省等の扱いでは、簡易計測器とされており、1Bq/kg未満のような厳密な測定にはむかないとされています。厳密な測定には、ゲルマニウム半導体測定器にて行うこととされています。
実際に、測定上の誤差や分析上の誤差を考えますと、数ベクレルレベルでの測定は、ゲルマニウム半導体測定器でも厳しい条件設定が求められます。本装置での4Bq/kgの検出数値は、NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータでの限界まで測定した結果、検出だったという意味です。
posted by 事務局 at 21:08| 事務局より