2013年05月22日

測定ネットレポートNo11

依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

測定ネットは一般食品・土壌・水等の測定も承っています。
まだ測定に余力がありますので遠慮なくご相談ください。
測定についての案内はこちらから。
http://sokuteinet.sblo.jp/category/1310239-1.html

■有機農家の資材測定
有機農業に取り組む米農家グループから、昨年、今年と使用する購入有機資材の測定を依頼されています。できたお米は、生産者ごとにゲルマニウム半導体検出器で精密測定をしていますが、有機資材の方は、測定ネットに依頼して確認という形をとられています。
今期も、使用前に資材の測定をすることとなりました。測定装置の性能が上がったので、測定ネットとしても、核種別1Bq/kgを下回るレベルでの測定を目指して測定しました。
11検体のうち、有機資材3からは放射性セシウムが合計で、13.11±1.11Bq/kgと、低いレベルながらも、セシウム137、134とも検出されました。この原料は、茨城県産の玄米を精米した米ぬかでしたので、米ぬかに含まれていたものと推察されます。
また、有機資材6番からは、セシウム137のみ、1.45Bq/kg程度検出されています。この検体については何度も測定を繰り返してみましたが、わずかながらですが、セシウム137、134が存在する可能性があります。主に、魚粉を利用した有機資材ですが、米ぬか成分も入っていることから、どちらの由来かは分かりません。とても低いレベルの検出値なので、誤検出等、放射性セシウムが存在していない可能性もあります。そのことは生産グループにはお伝えしています。最後の有機資材11については、海外産のナタネを国内で油として絞った油かすをベースとした肥料です。念のために測定を依頼されましたが、核種別に0.6Bq/kg未満で測定して不検出となりました。
なお、生産者グループでは、検出された場合は基本的に使用しないとのことでした。

品目      産地  容量(ml) 重量(g) 時間(秒) Cs137(Bq/kg) Cs134(Bq/kg)
有機資材1 秋田県 1000ml 828 7200 ND(0.69) ND(0.80)
有機資材2 愛知県 1000ml 804.6 7200 ND(0.71) ND(0.82)
有機資材3 茨城県 1000ml 652.5 7200 8.77±0.8(0.88) 4.34±0.78(1.02)
有機資材4 静岡県 1000ml 1202.2 7200 ND(0.48) ND(0.55)
有機資材5 愛知県 1000ml 783.1 7200 ND(0.73) ND(0.85)
有機資材6 静岡県 1000ml 767.6 7200 1.45±0.60(0.75)ND(0.86)
有機資材7 長野県 1000ml 1000 7200 ND(0.57) ND(0.66)
有機資材8 静岡県 1000ml 1173.4 7200 ND(0.49) ND(0.57)
有機資材9 宮崎県 1000ml 1233.8 7200 ND(0.47) ND(0.54)
有機資材10 静岡県 1000ml 1173 7200 ND(0.48) ND(0.55)
有機資材11 海外含 1500ml 1077.1 14400 ND(0.52) ND(0.58)

測定は、厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」にもとづいて行っているものです。
また、農林水産省の肥料についての基準は製品重量ベースで放射性セシウム合計400Bq/kgです。測定した有機資材はいずれもこれを大きく下回っています。
posted by 事務局 at 09:51| 測定レポート