2013年05月22日

測定ネットレポートNo12

依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

測定ネットは一般食品・土壌・水等の測定も承っています。
まだ測定に余力がありますので遠慮なくご相談ください。
測定についての案内はこちらから。
http://sokuteinet.sblo.jp/category/1310239-1.html

■半炭化してみました。
食品用の放射線測定器は、放射線のうち、ガンマ線を測定します。ガンマ線は電磁波の一種であり、透過力が高いため、食品用放射線測定器は厚い鉛などで遮蔽しています。水も遮蔽体ですので、検体(食品)中に水分が多い場合、測定器の中で食品自体の水分によりガンマ線が遮蔽されてしまい、本来の放射能の強さよりも少し低くなってしまいます。そこで、科学的なデータを取るなど厳密な測定の場合には、検体を加熱して炭化(半炭化)してから測定することが求められます。しかし、炭化は時間がかかることと、測定のために検体を多く必要とすることから、原発事故による食の安全を確保するために、生のまま測定をしています。
実際に生のままと炭化した場合とではどのくらいの差が出てくるのでしょうか?
ひとつの実験として、測定ネットのある神奈川県茅ヶ崎市のダイダイの木になっている実を採取し、生の状態と、炭化した状態での測定を行いました。神奈川県では多くの地点で柑橘類から若干の放射性物質(放射性セシウム)が出てきます。その変化を調べてみました。

品目      容量(ml) 重量(g) 時間(秒) Cs137(Bq/kg) Cs134(Bq/kg)
ダイダイ 1000ml 672.4 14400 2.56±0.66(1.34) 1.70±0.45(0.63) 0.87±0.49(0.71)
ダイダイ半炭化 1500ml 443.3 14400 11.80±0.71(2.69) 7.76±0.51(1.27) 4.05±0.50(1.42)

放射性セシウム合計で半炭化が11.8Bq/kgに対し、生の状態が2.56Bq/kgと、約4.6倍になっていますが、半炭化による水分除去での比率は、生の状態3.65kgが半炭化783gとなったことからおよそ4.66倍なので、だいたい同じ結果となりました。
当初の予想では、水分が抜かれた分だけ、水によるガンマ線の検体内部での遮蔽効果が影響し、少々半炭化の方が高くなると見ていましたが、もともとダイダイは水分が少なかったこともあり、減容率(水分除去率)も大きくないことから、差は出ませんでした。
今後も、同様の測定を試してみたいと思います。
水分の多い検体で、ある程度放射性セシウムが含まれていると想定できる検体があるようでしたら、検体の提供と送料のご負担をいただければ、生の測定および炭化、炭化後の測定は無償で行います。なまものですので、収穫や入手前に日程等を含めてご相談ください。
posted by 事務局 at 09:52| 測定レポート