2013年10月28日

測定ネットレポートNo14

測定ネットレポートNo14

依頼を受けた測定ならびに自主測定したものについて、その結果を報告します。
依頼を受けたものについて、測定ネットでは、基本的に都道府県名、品名、測定値を公開することとしています。

測定ネットは一般食品・土壌・水等の測定も承っています。
まだ測定に余力がありますので遠慮なくご相談ください。
測定についての案内はこちらから。
http://sokuteinet.sblo.jp/category/1310239-1.html

■コナラで実験
埼玉県でコナラ(広葉樹)を薪にするため、測定を依頼されました。
測定にあたっては、粉状態に削ってもらい、それを測定しています。
最初に、測定したところ、放射性セシウム合計で約130Bq/kgが検出されたため、状況を確認したところ、伐採後2カ月雨ざらしの丸太を切って、そのまま切りくずとなっていたおがくずを集めたとのことで、土や腐葉土に接した部分なども混ざっており、正確ではないことが分かりました。
そこで依頼者と相談し、ブルーシートの上で丸太を粉にしてもらい、全体と、樹皮(樹皮と赤い部分まで)、芯だけの3つのサンプルを作成していただきました。
結果は、放射性セシウム全体では約18Bq/kg、樹皮のみでは150Bq/kg、芯では不検出(測定下限値3.09Bq/kg)です。
また、今回は、水分計(水分を加熱して飛ばして測定する)を使用し、水分含有量をとりました。
そこから乾燥状態だった場合を単純計算すると、
コナラおがくず(芯)    −
コナラおがくず(樹皮)   約170Bq/kg
コナラおがくず(樹皮+芯) 約 20Bq/kg
となります。
樹皮に放射性セシウムが集中していることが今回の測定からは分かりました。
林野庁は、「調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値」を薪で40Bq/kg(乾重量)としています。

測定は、バックグラウンド16時間、測定時間4時間、1500ml容器につめて行っています。

         Cs計          Cs137         Cs134 ()内は測定下限値
(最初)395.9g  127.92±1.60(2.99)  84.99±1.24(1.58)  42.93±1.00(1.58)
(芯) 392.5g  ND(3.09)ND(1.45)  ND(1.63)
(樹皮)506.6g  150.88±1.72(2.39)  100.14±1.34(1.13)  50.74±1.08(1.27)
(樹皮+芯)377.9g  17.89±2.96(2.96)  12.52±0.59(1.4)  5.37±0.53(1.57)
posted by 事務局 at 20:49| 測定レポート